ニュース

台湾の国連加盟を応援する!がんばれ、台湾!

台湾の国連加盟を応援

まもなくニューヨークで国連総会が開かれる。その場で、台湾が国連の加盟を熱望している。
台湾は中国の領土だったことは歴史上一度もない。欧米から見ると台湾が中国の一部のように見えるかもしれない。それは無知であるゆえのことである。我々アジアに住むものが、英国とアイルランドが一つの国のように見えることと同じである。地理的に近く主要言語が似ていれば、同一国家とみなすことは自らの無学をさらすようなものである。
台湾の人口は、現在2300万人である。正式名称は「中華民国」である。首都台北市は近代的な都市である。台湾は一国家として経済的にも繁栄し、法治国家として豊かな国家として国際的な貢献もしている。

台湾のパンデミック

台湾は今回の新型コロナのパンデミックの中で、実に早急な的確な政策を実施したために感染者をほとんど出さず、自国内の感染が小康状態になると、さっそく世界80の国に向けての支援を実施した。これは世界の注目を浴び、大いに感謝されている。同じように支援したお隣の中国ものとは違い上質なサージカルマスク5100万枚、医療ガウン60万着、体温計35000セットは感染者の増加に苦しんだ国々の人々に大いに貢献した。

台湾の国連加盟を応援する国やメディアは多い

世界に貢献する台湾こそ国連加盟を許されるべきだろう。これを妨害するのは中国だけである。中国は正式な領土的な証拠もないのに、あたかも自国の一部のような顔をして台湾の国としての承認を妨害し、国際的な加盟の動きに軍事力をもって威嚇し、妨害するつもりである。
どこまで行っても中国は恥ずかしげもなく国際社会の中、「世界の田舎者」を演じている。「厚顔無恥」である。やろうとしていることは「言語道断」。もはや中国は滅亡するしかない。地球上に現在の中国は不用である。ナチスの再来、中国共産党はいらない。